【第五人格】居館の解説

居館

概要

居館とは、2019年5月9日に追加された新機能。簡単にいうとホールカスタマイズ機能のことである。居館はもう一つのホールとして利用することができるため、対戦やショップへの移動も居館からできる。

居館の隠し要素として好きなキャラクターで居館内を徘徊できるといった機能がある。ページ最後に切り替え方を記載。

作成した居館は世界にシェアしたりすることもできるが、完全に個人の趣味なので、ホールカスタマイズに興味ない人は完全スルーで問題ない。

居館中の用語

用語意味
楽譜ホールのこと
旋律家具のこと
楽譜容量家具を置くのに必要なコスト上限のこと
筆記進度次のレベルアップに必要な経験値
楽譜ページ数現在のホールレベル

居館への入り方

居館の入り方
大概の人は手掛かりで購入する。魅惑の古城を買おうとすると6000円かかる。
  1. チュートリアル1〜19をクリアする。
  2. サバイバー、もしくはハンターの人格レベルが100になる。
  3. ショップに行き画面左下の「居館」をタップする。
  4. 「魅惑の古城」、または「荘園の声」を購入する。
  5. ホールで探偵を操作してピアノの前に行き、上記購入アイテムを使用する。
  6. ピアノが「心の在り処」に変わるので、そこから居館へ移動する。

まずは条件1、2をクリアすること。この条件のせいで『第五人格』を始めたばかりのプレイヤーは簡単に居館へは行けない。

居館画面の解説

居館画面の解説

居館に入ると日記や椅子、ピアノが設置されている。これらは家具の一種である「機能型家具」に分類される。機能型家具とは、鑑賞用ではなく”対戦やショップといった機能が備わった家具”のことである。

居館映像

これは自分がカスタマイズした居館を撮影してシェアできるというもの。自慢のカスタマイズができたときは利用してみよう。

心境地図

心境地図とはその名の通り「地図」である。心境地図を押すと移動可能な場所がいくつか表示されるので、移動したい場所をタップすれば瞬時にその画面が表示される。

この地図の中でも居館に必要なのは画面右にある「楽曲を演奏(ホールを編集)」だけ。ここを押すとホールをカスタマイズすることが可能になる(居館に設置しているピアノからも可)。

カスタマイズ画面の解説

カスタマイズ画面の解説

カスタマイズ画面の意味は画像のとおり。「楽譜変更(ホール切り替え)」はショップで「魅惑の古城」を購入していないと意味がないので使わない。

「旋律追加」は家具の設置。難しいことはないので、好きな場所に好きな家具を好きなように設置すればOK。家具はショップから購入する。

アイデンティティVの画像【第五人格】居館の家具一覧

楽譜修正について

楽譜修正画面の解説

居館内でもとくに「なにを言ってるかわかりません」状態になるのが「楽譜修正」という機能。

これはホールレベルを上げる機能であり、ホール内に置ける家具の容量を増やしたい場合はここでホールのレベル上げを行う。

ホールのレベルを上げるのに使うアイテムは今のところショップで購入できる「音符」しかない。いろいろと家具選択のタブがあるが、音符以外の家具はレベルアップに使用できない。

ホールで音符を購入すると「楽譜修正」でレベル上げができるようになるので、経験音符から音符を選択してレベル上げを行う。一度で最大10個の音符が選択できる。

キャラクターを切り替える方法

キャラクターの切り替え方法
  1. 居館に移動する。
  2. 鏡(自己の凝視)をタップ。
  3. サバイバー装飾、もしくはハンター装飾をタップ。
  4. 好きなキャラクターを選んだら携帯をタップ。
  5. 完了。

選択できるキャラクターは所持しているものだけ。未取得のキャラクターや衣装は選択できない。

https://lvxi.jp/wp-content/uploads/niwasi-1.jpg
庭師

なんということでしょう! こんな機能が実装されるとは知らずにガチャで手掛かり×25000を消費したの!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。