URLを変更しました。リンク切れが発生する場合があります

【第五人格】ハンター初心者の心得

アイデンティティVの画像

全体

相手の編成に合わせてスキルを変える

ハンターはマッチング画面で相手の編成を見ることができる。例えば、庭師がいるなら形態変化を「異常」に変えるなど、相手の編成に合わせて準備を整えよう。

攻める暗号機を絞る

暗号機を総当たりで探すのは時間がかかって効率が悪い。ある程度襲撃する暗号機を絞ることが大事。

端から内側へ攻める

ハンターはゲートが開く前に多くのサバイバーを捕らえなくてはならない。サバイバーへの追撃は限りなく少ない方がいい。中央を歩いていると丸見えですぐに逃げられてしまうため、端を歩きながら内側へサバイバーを追い詰めて行こう。

地下室の位置を把握

ステージ全体を歩きながら、サバイバーの脱出手段になる地下室を把握しておくこと。最後のサバイバーを追い詰めるときは、絶対に地下室の方へ追い詰めてはならない。

諦めることも大事

序盤で1人も除外できず、残りの暗号機が2つ以下になったら諦めることも視野に入れておこう。1人1つの暗号機を解読すると考えると、人数差で不利なぶん、1人を追い回しても残りの暗号機を死守するのは難しい。

戦闘

足跡を追う

サバイバーが移動すると、地面に赤いYの痕跡が残る。入り組んだ場所では肉眼で目標を捉えることが困難なため、足跡の追跡は非常に重要なことである。足跡が途中で切れている場合は、物陰に身を潜めているか立ち姿勢で移動した可能性が高い。いずれにせよ、立ち・しゃがみでは遠くへ移動することはできないため、近くにいるのは確実である。

負傷中のサバイバーから追い詰める

健康と負傷中のサバイバーと出くわした場合、狙うべきは絶対に負傷中のサバイバーである。サバイバーを減らさない限りハンターが有利になることはまずない。負傷中のサバイバーを追い詰め、確実に各個撃破を成し遂げなくてはならない。

溜め攻撃を使う

初期動作が長いものの、それに見合った射程の長い攻撃をくりだす。もう少しで追いつけそうというときは溜め攻撃を使用しよう。溜め中に距離が縮み、放ったときは当たることが多い。また、板の前からか攻撃するのも有効であり、板の範囲外から攻撃を当てることができる。

家に逃げられたら追わない

要するに見通しが悪く、ループが可能な場所のこと。ひたすら同じ場所をグルグル回るのは時間の無駄である。ハンターは動作が長い分、追いつくまでにかなりの時間を要する。ループしている間にも解読は進むため、この場所に逃げ込まれたら無視して次の暗号機を探す方が、結果的に多くのサバイバーを捕らえられる。

追撃すべきキャラを見極める

サバイバーそれぞれのスキル効果は熟知しておこう。解読が早いキャラ、逃すとめんどくさいキャラを優先して追撃する。序盤に傭兵やオフェンスを追うのは時間の無駄である。

ダウンしたサバイバーを放置する

ロケットチェアに拘束すると一瞬で解放されてしまうが、ダウンからの治療はチェアの解除よりも時間がかかるため、あえてダウンしたサバイバーを放置し、負傷したほかのサバイバーを殴りに行った方が多くのダウンを取れる場合がある。

サバイバーの天賦には「起死回生」という、1度だけダウンから自力復活できるものがある。必要ポイントが1で取得できるため、ほぼすべてのサバイバーが装備していると思っていい。放置する場合は「起死回生」も考慮して臨機応変に立ち回ること。

拘束

キャンプで確実に脱落させる

キャンプとは、ロケットチェアに拘束したサバイバーから離れず、脱落するまで待つ戦術をさす。1人をほぼ確実に脱落できる反面、その間にも解読が進むという強烈なデメリットがある。定型文で「解読に集中して」を打たれた場合、理解のあるサバイバーが相手だと暗号機の解読を進められ、結果的に多くの脱出者を出すことになる。

天賦の「コントロール」を装備するとチェア発射までの時間が短くなる。キャンプをする、しないに関わらず装備しておいた方がいいだろう。

また、キャンプはサバイバーに嫌われやすい行為となっているが、そもそもハンターとサバイバーは利害関係が対立しているため、ハンターがサバイバー側の苦情を気にする必要はまったくない。

初心者のおすすめハンター

復讐者のアイコン復讐者パペットでサバイバーの位置把握、瞬間移動が可能なハンター。ハンターの基本動作を学べるので、初心者ハンターの入門用としておすすめ!
リッパーのアイコンリッパー最強ハンター。超高速移動、姿消し、霧中での遠距離攻撃とサバイバーの察知が可能。ほかのハンターと比べても飛び抜けて強い。

復讐者は初期から解放されており、多くの人が入門用として使用するおすすめのハンター。固定スキルの「パペット操作」が非常に使いやすい。

勝率重視ならリッパーや道化師がおすすめ。お試し期間が訪れた場合はぜひ使ってみよう!

まとめ

勝負にこだわらず楽しむこと

ここに掲載している情報は、あくまでも初心者が勝率を上げるための方法であって、必ずしもこれに従う必要はない。遊び方は人それぞれ千差万別。また、本家DBDでもいわれていることだが、対戦相手は遊び相手である。愛と敬意を持って接しよう。

https://lvxi.jp/wp-content/uploads/niwasi-1.jpg
庭師

効率よく攻めていくの!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。