URLを変更しました。リンク切れが発生する場合があります

【第五人格】復讐者(レオ)

復讐者

基本情報

画像性別名前
復讐者のアイコンレオ

スキル

怨魂

レオがサバイバー追撃時に気絶させられる、または4人のダウンしていないサバイバーが暗号機解読に成功すると、レオの怨みが増加する。一定レベルまで蓄積すると怨みの火となり消費することでもらい火スキルを使用できる。

もらい火

スキルボタンをタップすると25秒間持続する怨みの影を放つ。影は自動的に周囲のサバイバーを追撃する。怨みの影の発動中に、再度発動ボタンをタップすると影を回収できる。影の回収後、残り時間に応じて一定割合の怨みの火が返還される。スキルボタンを長押しするとパペットに怨みの火を分け、パペットに近くのサバイバーを追撃させることができる。パペットの攻撃が命中するかパペットと位置交換すると怨みの火は消える。

パペット操作

レオが設置したパペットは、レオと奇妙な関係にある。タップして設置、或いは力を溜めて投げると、パペットは周囲のサバイバーを感知して復讐者に知らせる。レオはパペットと位置を交換し、短時間の加速効果を得る。パペットはサバイバーに壊されることがあり、壊されている間は位置の交換ができない。

多重パペット操作

サバイバーの追撃に成功したあと、レオは第2のパペットを手に入れる。――赤いシミがさらに濃く染みついている。

衣装・携帯品

衣装

衣装特モ説明
初期衣装初期衣装×初期衣装。すべてが自然に見える。
ボロい服ボロい服×服がボロボロだ。本当にただゲームをしただけ?
レオニダスレオニダス×この赤色はテルモピレーの夕日を思い出させる。
海賊船長海賊船長彼はその一生をかけて、ただ愛ゆえにその唯一の秘宝を探している。
金喰い怪物金喰い怪物無尽の財宝のために冒険をしない海賊がいるだろうか?全てを捨て、全身に金を纏うことで、ボロボロになった空虚を埋めるしかない。
飼い馴らし飼い馴らし復讐者は熊を飼いならしているそうだが、果たしてどっちが飼いならされるのだろうか。
アラジンアラジン遠くから見れば本当の姿はバレないだろう……いや、頭が小さすぎるな。
アーサー王アーサー王どこにいても、彼は王者だ。
永遠の王永遠の王彼は確信している。誰かを打ち負かしたい思えば、すぐ打ち負かすことができるのだ。
溶接工溶接工×あれ? 溶接工の溶接機はどこにいった?
凄腕料理人凄腕料理人×厨房の中では髪の毛をきちんとまとめないと!
黒シャツ黒シャツ×この服さえあれば、何をしてどう汚しても心配する必要はない。
オレンジシャツオレンジシャツ×オレンジ色は作業員監督チーム代表カラーだったそうだ。
処刑人処刑人×ロープにマスク。処刑人を見た人は皆、この2つの忘れられないだろう。――そう、彼の冷酷さも。
密談者密談者×誰だって包帯の下の顔に興味があるだろう。だが、それを知ろうとした人は最終的に密談者の餌食になるのだ。
青シャツ青シャツ×青いシャツは階級の威力がバツグン。人の心がひとつになる。
紫シャツ紫シャツ×この格好で工場働きをしている人は……見たことがない。
凄腕職人凄腕職人×募集中
ムーンフェイス×募集中
ヘルセンサー×募集中
花婿人形×募集中

携帯品

携帯品特効説明
庭師の人形庭師の人形自分の娘を想って作った人形だが、復讐者最愛のパペットになった。
望遠鏡望遠鏡×財宝を求める前、船長はかつてこれで心の在り処を眺め続けていたそうだが、一歩も踏み出そうとはしなかった。

背景推理目標

推理No.基礎目標
11人/2人/3人を脱落させる
2サバイバーを3回/4回/6回追撃
3神出鬼没後1回/2回/3回命中
4全員を脱落させる
5サバイバーを3回/5回/7回負傷させる
62人/3人/4人を拘束する
7位置交換後2回/3回/4回攻撃を命中
8恐怖の一撃1回/2回/3回命中
9木の板を1個/3個/5個破壊
10ロッカーから1人/2人捕まえるパペットまたは恨みの影がサバイバーに1回/2回/3回命中

うわさ

灰燼の中から生き返った彼は、いったい何を追い求めているのだろうか?

評価

評価特徴
B初期ハンターでありながら汎用性は抜群。上方修正で追撃性能が凶悪になった。とはいえ過信は禁物。
復讐者の評価ポイント
スキル
(4.0)
追撃性能
(4.0)
キャンプ性能
(4.0)
行動速度
(2.0)
総合評価
(3.0)

アンケート

復讐者は強い?(調整Ver.
https://lvxi.jp/wp-content/uploads/niwasi-1.jpg
庭師

どうやら復讐者はお父さんのようなの〜。私と会ったら優鬼してほしいの!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。