【ライフアフター】同居(ルームメイト)のやり方

同居

概要

「同居(またの名をルームメイト)」とは、同じ野営地のメンバーとそれぞれの荘園を共有する野営地限定のシステムである。同居をすると同居メンバーと物資や建造の共有が可能になるといったメリットがある。

同居をするまでのハードルがそこそこ高いので、同居しているプレイヤーの数はあまり多くない。やり方を把握して気になる人を誘ってみよう。

同居までの手順

  1. 野営地に入る。
  2. 同じ野営地のフレンドとの親密度が300を超える。
  3. フレンドと一緒にどちらかの住まいの「荘園コントローラー」へ行く。
  4. 荘園コントローラーから「資料」をタップ。
  5. 「野営地メンバーと同行可能」の「+」をタップ。
  6. 同居するフレンドを選択する。
  7. 荘園の入り口に出てモーションの「ハグ」を使って抱き合ってるシーンをカメラで撮る。
  8. 用紙にサインする。
  9. 完了。

同居までの手順は上記の通り。いくつか注意すべきことがある箇所は詳細を解説。

フレンドと一緒に荘園コントローラーへ行く

荘園コントローラーとは、ポストの近くに配置されている四角いパネルのようなもの。このパネルから荘園の管理を行う。

2人で荘園コントローラー近くまで行かないと認識してもらえないので、必ず一緒に行くこと。

抱き合ってるシーンの写真を撮る

同居
ハグは画面中央下にある人型のマークを押すと選べる

同居の申請をすると「ハグ」のモーションが解放される。荘園入り口前で同居人とハグをし、その光景をカメラに収める。そうすることで次のステップへ進める。

かなり照れ臭くなるような流れだが、同居をするには必要な作業。

用紙にサインする

同居のサイン

写真が撮り終わると用紙にサインを求められる。このとき「どちらの荘園をメインにするか」を選ぶことになるので、メインとしたい荘園にチェックを入れよう。選ばなかった方は別荘という扱いになるが、今まで通り利用できる。

メインの荘園を選ぶと晴れて同居が完了。同居専用の称号「同居人」を獲得できる。

https://lvxi.jp/wp-content/uploads/i-reicheru.jpg
レイチェル

同居をするとたくさんのメリットがあります。相手を見つけるのが大変ですが、積極的に「同活」してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。